>

良いところより悪いところ

大袈裟な謳い文句には注意

知識が無ければ当然騙されてしまいますが物件数No1などという嘘の宣伝文句を掲げている所は接客対応以前に論外です。
別項でも紹介しましたが不動産業のみが閲覧出来るレインズというシステムがある以上、規模が大きかろうが小さかろうが紹介出来る件数は一緒。
嘘はいけませんね。

それ以外にも他の業者を蹴落とし自分たちがあたかも一番であるかのような謳い文句を掲げている業者は基本的に信用出来ません。
何事にも謙虚でなければなりませんね。

相手を尊重出来ないという点では希望を出しているにも関わらずそれにそぐわない物件を押し付けてくる営業マンがいる業者も当然ながら論外です。
本当に良い営業マンであれば買い手の希望を尊重した上で理想の物件探しを手伝ってくれます。

定期的な確認は怠らない

物件を仲介業者を通して売却する場合、基本的に任せっぱなしになってしまうと思いますがそれは間違いです。
あらかじめ決めていた期間内に売却先が見つからなかったり気付いたら安価での売却が決まっていたなどのケースもよくあるので定期的に進捗を確認することも大切です。

宣伝がしっかりと行われてなければ買い手が見つかることはありません。
ポータルサイトへの掲載やチラシ等の配布が行われているかどうかという点も要チェックです。

他にも様々なケースがあると思いますが一度仲介業者と契約してしまったからといって諦める必要はありません。
場合によっては解約出来る可能性がありますしそうでなくとも不動産全般に関する相談などをすることの出来る不動産協会に相談してみることでなんとかすることが出来るかもしれません。


この記事をシェアする